So-net無料ブログ作成

名古屋観光ホテル [hotel]

2015.12.20.jpg

木曽路の前日、今年の名古屋出張の宿は名古屋観光ホテルでした。

2015.12.20_02.jpg2015.12.20_03.jpg

お部屋はデラックスフロアダブル。 広さは必要最低限といった感じでしたが、清潔感があり、なかなか快適に過ごせました。

2015.12.20_04.jpg

朝食は1階「ル・シュッド」にてブッフェ。 名古屋名物の手羽先、きしめんも良かったものの、小倉トーストと同ホテル自慢のフレンチトーストが特に美味でした。

話は変わって当日の足。


木曽路(馬籠宿・妻籠宿) [odekake]

11月の初旬には、浅田次郎著『一路』を読んで以来、気になっていた中山道へ。
毎年恒例の名古屋出張にあわせて、馬籠宿と妻籠宿を訪れました。

2015.12.14.jpg2015.12.14_02.jpg2015.12.14_04.jpg

最初に訪れた馬籠宿は、かなり急な坂道に沿って宿場町が広がります。

2015.12.14_05.jpg2015.12.14_06.jpg2015.12.14_07.jpg

大黒屋茶房さんで少し遅いランチを摂りましたが、山菜蕎麦がなかなか美味でした。

2015.12.14_08.jpg2015.12.14_09.jpg

時間も限られていたため、早々に妻籠宿へ。 こちらは比較的平坦な道が続くものの、

2015.12.14_10.jpg

しばらく歩き宿場町の外れに近づくと、徐々に山道が始まります。

2015.12.14_11.jpg

振り返ると谷間の平地に宿場が広がっている様子が分かります。

2015.12.14_12.jpg2015.12.14_13.jpg

こちらは妻籠宿の本陣と脇本陣。 ここ妻籠宿の本陣は島崎藤村の母の生家で、藤村自身は馬籠の本陣で生まれたとのこと。 お隣同士の本陣の子女が両親だったのですね。

という木曽路観光を経て、今は島崎藤村著『夜明け前』を読み始めました。
次回は、東京からも名古屋からも遠いため難しいものの、是非、奈良井宿に行ってみたいですね。

セトレマリーナびわ湖 [hotel]

2015.12.12.jpg

11月に比叡山を訪れた際に宿泊した「セトレマリーナびわ湖」。

2015.12.12_02.jpg2015.12.12_08.jpg

琵琶湖畔のヤンマーマリーナ内にあり、琵琶湖と奥に広がる比叡山周辺の山並みを堪能できます。

2015.12.12_09.jpg2015.12.12_10.jpg

特に素晴らしいのが屋上から眺める夕日。サンセットの時間にはシャンパンサービスも行われ良い雰囲気。 右の写真は京都一乗寺の「恵文社」さんが選書したというライブラリー。

2015.12.12_04.jpg2015.12.12_03.jpg

また、2階のラウンジには、簡単なスナックとアルコールを含むドリンクが用意されており、屋上同様に琵琶湖を眺めながら寛げる空間になっています。

2015.12.12_05.jpg2015.12.12_06.jpg2015.12.12_07.jpg

コンクリートの打ちっぱなしと土壁、更に木をふんだんに使用した室内に加え、水回りも(洗面・浴室とも水跳ねが、若干、気になるものの)洗練されたデザインで、

2015.12.12_11.jpg

地元食材の豊富な朝食も含め、満足度の高い滞在でした。(今回は出張のためバタバタでしたが、次回はプライベートでのんびり訪れたいものです。。。)

比叡山 延暦寺 [odekake]

気が付くと早くも12月。 2015年も残すところ僅かですが、ブログに書き記していなかったことを駆け足で振り返りたいと思います。

2015.11.23.jpg

先月、11月中旬には、これまでなかなか縁のなかった比叡山を訪れました。

2015.11.23_02.jpg

残念ながら、国宝・根本中堂は改修工事中でしたが、

2015.11.23-06.jpg

阿弥陀堂では法事が行われており、合唱のようなお経を聞くことができ心が洗われるようでした。

2015.11.23-10.jpg

また、ちょうど紅葉の時期だったこともあり、坂道の続く境内も気持ちよく散策することができました。

ただ、この日に借りたクルマが問題で・・・


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。